殺意を覚えるほどの臭さって…

11夫の足は普段は臭くないのだ。

しかし、足の指。それも爪の間が異常に臭い。

以前、手を怪我して爪が切れなくなった時に、お風呂上がりだし大丈夫だろうと思い、一度爪を切ってあげたことがあったのだがそのとき初めて足の異臭と遭遇した。

あまりの臭さに「くさ!!!」と怒って叫んでしまった。

夫も爪を切る前に一応「爪臭いけど切ってくれる?」と確認してはくれていたが、そんなに臭くないだろうと高をくくっていた。

それに愛があれば多少のことは許せる。そんな新婚時代だったから夫の助言の気に留めなかったのだ。

だが、本当に臭かった。

それも右足の親指だけ臭いのだ。

他の指の爪を切っても異臭はない。

同じ親指でも左足は大丈夫なのだ。

この違いがまったくわからない。

あまりの臭さにもう一度、切った爪をかいでしまった。

再確認したとき、やっぱり止めればよかったと後悔だけが残る臭いだった。

その後は、鼻に残り香がついてまわってしまいずっと臭い気がしてしょうがなかった。

夫はやっぱりね…といった表情をしていたが、愛だけでは臭いに勝てない。

一応爪を切った後やすりをかけたが、右足の親指だけ適当に処理した。

夫曰く、どんなにきれいに洗っても爪の間から臭いが出てくるのだと。

にわかに信じがたいが、あの臭いを嗅ぐとそうなのかもしれないと思ってしまう。

一瞬夫に殺意すら覚えた足の臭い。

もうあれ以来、二度と足の爪は切らないと心に強く誓った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>