水をなるべく顔につけない。濡らさない。

私がやっている「洗顔方法」は、顔をなるべく水につけないという方法です。
ニキビと肌荒れに悩み、皮膚科に行ったところ
「洗顔料の使いすぎです。回数も多い。なるべく顔に水をつけないように」
と言われました。

そんなの顔を洗うなということではないか!と思いましたが
どうやらそれに近いことをやるようにと言われました。

火傷を負ってしまった方が、水に濡らさずに早く治したという話を聞いたことがあったので
この肌もそこまで傷ついているのかと思いました。

まず洗顔料や石鹸を棚にしまいました。
メイクをしばらくしてはいけなかったので、アイブロウライナーとリップだけにしました。
メイク落としシートも刺激になるというので、水に濡らしたコットンにエクストラバージンオリーブオイルを数滴かけてなじませ、眉とリップのメイクを落としていました。
お風呂に入って髪の毛を洗う時も、顔に水がつかないようにシャンプーハットを使いました。
夜はそれでおしまいです。

朝になると目やになどを落とすために、少し目を濡らす程度に洗います。
本当に汚れが気になるときだけ、水に濡らした手拭いでそっと顔を拭いていました。
数日経つと、顔がみるみると綺麗になっていきました。

その経験を踏まえて、ニキビと肌荒れが治っても、極力顔に水をつけない洗顔方法にしています。
シャンプーハットは必ずしてから髪を洗っています。
そして、朝も夜も冷たい水で10回ゆすぐだけにしました。
以前より、脂っぽくなったとか、毛穴の汚れが増えたということはありません。
肌が強くなった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>